ファームウェアとは?意味・定義・特徴をわかりやすく解説

ファームウェアとは、機器の内部に固定的に組み込まれるソフトウェアです。

ファームウェアとは

ファームウェアとは、機器の内部に固定的に組み込まれるソフトウェアです。ハードウェアのROMなどに組み込まれ、そのハードウェアを制御します。ソフトウェアの中でもハードウェアに近いため、「ファームウェア」(firm:硬い、固定の)と呼ばれています。

ファームウェアの有形性=無し

ファームウェアは、ソフトウェアの一種です。このため、ソフトウェアと同様に、無体物であり、有形性はありません

ファームウェアの構築方法=プログラミング言語

ファームウェアは、ソフトウェアと同様にプログラミング言語で構成されています

かつて、ファームウェアは、主にアセンブリ言語などの低級言語で開発されていました。しかし、CPUの高速化や記録媒体の大容量化・価格低下により、C言語などのより高級な言語が使用可能となりました。

ファームウェアの例「BIOS(読み方:バイオス)」

一般的なファームウェアとして、BIOS(読み方:バイオス)が知られています。

BIOSは「基本的な入出力システム」を意味する「Basic Input/Output System」の略です。名前の通り、起動時のOSの読み込みや、周辺機器に対する基本的な入出力制御を行います。

ポイント
  • ファームウェアとは、機器の内部に固定的に組み込まれるソフトウェアのこと
  • ファームウェアは無体物
  • ファームウェアの構築方法はプログラミング言語

ハードウェア・ソフトウェア・ファームウェアの違い 比較一覧表

ハードウェア ソフトウェア ファームウェア
概要 システムを物理的に構成する要素の総称 何らかの処理を行うプログラム ハードウェアを動かすために組み込まれたソフトウェア
有形性
構築方法 電子材料 プログラミング言語 プログラミング言語
筐体
電源ユニット
基板
など
OS
アプリケーションソフト
など
BIOS
など
ハードウェアとは

ハードウェアとは、システムのうち、物理的な構成要素の総称。電子その他の材料で開発されており、有形・有体物。筐体や電源ユニット、基板などを指す。

ソフトウェアとは

ハードウェアに対し、物理的な実体を伴わない要素。プログラミング言語で開発されており、無形・無体物。OSやアプリケーションソフトなどを指す。