i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)とは?仕様・機能・評価ボード・開発環境・対応OSを紹介

i.MX6ULは、NXPセミコンダクターズ(以下NXP社)のプロセッサです。i.MX6ULは、Cortex-A7を搭載し、最高696 MHzの速度で動作します。高性能ながら、効率的な電力消費を行います。

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)の仕様

MCIMX6G0 MCIMX6G1 MCIMX6G2 MCIMX6G3
Marketing Description i.MX 32-bit MPU, ARM Cortex-A7 core, 500MHz, 289BGA i.MX 32-bit MPU, ARM Cortex-A7 core, 700MHz, 289BGA i.MX 32-bit MPU, ARM Cortex-A7 core, 500MHz, 289BGA i.MX 32-bit MPU, ARM Cortex-A7 core, 500MHz, 272BGA
Package Type LFBGA289 LFBGA289 LFBGA272、LFBGA289 LFBGA272、LFBGA289
Core Type Arm Cortex-A7 Arm Cortex-A7 Arm Cortex-A7 Arm Cortex-A7
Operating Frequency [Max] (MHz) 528 696 696 528
External Memory Supported DDR3 SDRAM, DDR3L SDRAM, LPDDR2 DRAM DDR3 SDRAM, DDR3L SDRAM, LPDDR2 DRAM DDR3 SDRAM, DDR3L SDRAM, LPDDR2 DRAM DDR3 SDRAM, DDR3L SDRAM, LPDDR2 DRAM
Video/Display features PCP, RGB PCP, RGB
L2 Cache (Max) (KB) 128 128 128
SRAM (kB) 128 128 128 128
SPI 2 4 4 4
UART 4 8 8 8
USB Controllers 1 2 2 2
Junction Temperature (Min) (℃) 0 -40 -40 -40
Junction Temperature (Max) (℃) 95 125 125 105
Audio Specific Modules SPDIF SPDIF SPDIF SPDIF

出典:i.MX6UL

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)とは

i.MXシリーズとは

i.MXシリーズとは、NXP社が提供しているプロセッサファミリです。i.MXシリーズの特徴は、ARMコアを搭載し、低消費電力であることです。

i.MXシリーズのラインアップ

i.MXシリーズのラインアップは、以下の通りです。

  • i.MX RTシリーズ:産業用IoTアプリケーション向け
  • i.MX 6シリーズ :自動車、産業用アプリケーション向け
  • i.MX 7シリーズ :ポータブルIoTアプリケーション向け
  • i.MX 8シリーズ :グラフィックス、オーディオ、安全性が重要なアプリケーション向け
  • i.MX28     :自動車、産業用アプリケーションの電源管理および接続機能向け

i.MX6ULは、自動車、産業用アプリケーション向けの「i.MX 6シリーズ 」に属します。

i.MX 6シリーズとは

i.MX 6シリーズとは、NXP社が提供しているプロセッサファミリです。i.MXシリーズの中でも、Cortex-A9、Cortex-A9+M4、Cortex-A7を搭載し、自動車、産業用アプリケーション向けに特化しています。その他、医療機器や特定市場向けメディア・タブレットなどにも採用されています。

i.MX 6シリーズは、シングルコア、デュアルコア、クアッドコアの製品を展開しています。

シングルコアとは

「シングルコア」とは、1つのプロセッサの中にコアが1つ内蔵する技術。1つのプロセッサの中にコアが複数入っている「マルチコア」との対比で使用されることが多い。また、シングルコアのプロセッサは「シングルコアプロセッサ」と呼ばれている。

デュアルコア・クアッドコアとは

コアを複数搭載したマルチコアのうち、コアを2つ搭載したものをデュアルコア、コアを4つ搭載したものをクアッドコアと言う。

組み込みにおけるマルチコア、マルチコアプロセッサとは?種類・定義・特徴をわかりやすく解説

i.MX 6シリーズは、製品間でソフトウェア互換性やピン互換性を備えています。

i.MX 6シリーズのラインアップ

i.MX 6シリーズのラインアップは、以下の通りです。

  • i.MX 6ULZ:超低コスト
  • i.MX 6ULL:コスト最適化
  • i.MX 6UltraLite:効率的で安全
  • i.MX 6SLL:効率的なマルチメディア
  • i.MX 6SoloLite:マルチメディア/電子リーダー
  • i.MX 6SoloX:安全な処理
  • i.MX 6Solo:マルチメディア
  • i.MX 6DualLite:3Dグラフィック
  • i.MX 6Dual:高度な3Dグラフィック
  • i.MX 6DualPlus:エクストリーム3Dグラフィックス
  • i.MX 6Quad:ハイパフォーマンス
  • i.MX 6QuadPlus:究極のパフォーマンス

この記事では、効率的で安全な「i.MX 6UltraLite」を紹介します。

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)とは

i.MX 6シリーズを拡張したi.MX 6UltraLiteは、最高696 MHzの速度で動作するシングルArm®Cortex®-A7コアの高度な実装を特徴とする、高性能で超効率的なプロセッサーファミリーです。 i.MX 6UltraLiteアプリケーションプロセッサには、外部電源の複雑さを軽減し、電源シーケンスを簡素化する統合電源管理モジュールが含まれています。本ファミリの各プロセッサは、WLAN、Bluetooth™, GPS、ディスプレイやカメラセンサーなどの周辺機器を接続するために、16ビット LPDDR2、DDR3、DDR3L、ロー(Raw)およびマネージド(Managed)NANDフラッシュ、NORフラッシュ、eMMC、Quad SPIやその他のI/Fを含む様々なメモリI/Fを提供します。

原文は、以下の通りです。

Expanding the i.MX 6 series, the i.MX 6UltraLite is a high performance, ultra-efficient processor family featuring an advanced implementation of a single Arm® Cortex®-A7 core, which operates at speeds up to 696 MHz. The i.MX 6UltraLite applications processor includes an integrated power management module that reduces the complexity of external power supply and simplifies power sequencing. Each processor in this family provides various memory interfaces, including 16-bit LPDDR2, DDR3, DDR3L, raw and managed NAND flash, NOR flash, eMMC, Quad SPI and a wide range of other interfaces for connecting peripherals such as WLAN, Bluetooth™, GPS, displays and camera sensors.

出典:i.MX6UL

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)は、Cortex-A7を搭載したプロセッサです。i.MX 6UltraLiteは、最高696 MHzの速度で動作します。高性能ながら、効率的な電力消費を行います。

またi.MX6UL(i.MX 6UltraLite)は、高性能なプロセッサでありながら、マイコン感覚で手軽に高性能が得られます。

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)の電力消費

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)は、統合電源管理モジュールを搭載しています。これによりi.MX6UL(i.MX 6UltraLite)は、外部電源の複雑さを軽減し、電源シーケンシングを簡素化し、電力消費を抑えます。

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)はマイコン感覚で扱える

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)は、前述の通り最高696 MHzで動作します。このため、フラッシュ内蔵マイコンや、旧世代のプロセッサを使ってきたユーザーでも、容易に扱える仕様となっています。

ポイント
  • 外部電源の複雑さを軽減し、電源シーケンシングを簡素化するため低消費電力
  • フラッシュ内蔵マイコンや、旧世代のプロセッサを使ってきたユーザーでも、マイコン感覚で容易に扱える仕様

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)の入手方法

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)は、NXP社の正規販売店で購入できます。

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)の開発環境

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)に対応した代表的な開発環境は、以下の通りです。

  • Arm Keil MDK
  • IAR Embedded Workbench for ARM

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)の評価ボード

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)の評価ボードは、以下の通りです。

搭載マイコン 特徴 対象 データシート
i.MX6UltraLite Evaluation Kit i.MX 6UltraLite LCDディスプレイやオーディオ再生などの接続オプション LCDディスプレイやオーディオ再生などの接続オプションを中心に評価したい
iW-Rainbow-G18D-SOD MCIMX6G0, MCIMX6G1, MCIMX6G2, MCIMX6G3 アイウェーブ社製のSOM「i.MX6UL SODIMM」を搭載 将来的にi.MX6UL SODIMMを使用して製品化したい iW-Rainbow-G18D-SODのデータシート

i.MX6UltraLite Evaluation Kit

i.MX6UltraLite Evaluation Kitは、NXP社純正の評価ボードです。i.MX6UltraLite Evaluation Kitは、LCDディスプレイやオーディオ再生などの接続オプションを可能にします。

これらの特徴からi.MX6UltraLite Evaluation Kitは、「LCDディスプレイやオーディオ再生などの接続オプションを中心に評価したい」という方に最適の評価ボードです。

i.MX6UltraLite Evaluation Kitの価格や購入場所

iW-Rainbow-G18D-SOD

iW-Rainbow-G18D-SODは、アイウェーブ社製の評価ボードです。iW-Rainbow-G18D-SODは、アイウェーブ社製のSoMである、「i.MX6UL SODIMM」を搭載しています。

SoM(読み方:エスオーエム)とは

SoMとは、システム・オン・モジュールの略。SOMとは、CPUやメモリなどが一体になったボードを指す。

これらの特徴からiW-Rainbow-G18D-SODは、「将来的にi.MX6UL SODIMMを使用して製品化したい」という方に最適の評価ボードです。

iW-Rainbow-G18D-SODの価格や購入場所

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)の対応OS

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)に対応している主なOSは、以下の通りです。

  • Linux
  • μC3(マイクロ・シー・キューブ)/Standard(弊社製品)

弊社製品「μC3(マイクロ・シー・キューブ)」のご紹介

高性能リアルタイム処理向けRTOS「μC3(マイクロ・シー・キューブ)/Standard」

μC3(マイクロ・シー・キューブ)/Stndardは、μITRON4.0のスタンダードプロファイルをベースに、32/64ビットプロセッサが搭載された組込みシステム向けのRTOSです。

μC3/Standardは、高性能プロセッサがより高度なリアルタイム制御に耐えられるよう、割込み禁止時間を極力なくし、割込み応答性を最重要課題として設計したRTOSです。

ARM Cortex-Aシリーズ、ARM Cortex-Rシリーズだけでなく、高性能な ARM Cortex-MやRenesas RXシリーズにも対応しています。

32/64bitの高性能プロセッサに最適化
割り込み応答性を高め、32/64bitの高性能プロセッサ向けに最適化されたμITRON4.0仕様のカーネル。
豊富なプロセッサ・サポート
業界随一のプロセッササポート実績があり、技術サポートも充実しています。CPUの選択肢を広げ、機会費用を抑える事ができます。業界随一のCPUサポート実績があり、技術サポートも充実しています。ご使用予定のデバイスで直ぐに開発着手が可能で、ご質問に対して24時間以内の1次回答を徹底しています。
マルチコア対応
組込み機器向けに最適なAMP型カーネル。マルチコアによって、リアルタイム性能を強化します。
豊富なデバイスドライバを用意
I2C, SPI, GPIO, SDなどのデバイスドライバをオプションで用意。(UART, Timer, INTCはμC3に、EthernetドライバはμNet3に付属しています。)

μC3のライセンスの種類・詳細

ライセンスの種類

ライセンスの種類は3つあります。

  • 研究開発用プロジェクトライセンス
  • 開発量産用プロジェクトライセンス
  • プラットフォームライセンス

研究開発用プロジェクトライセンス

研究開発用プロジェクトライセンスは、研究開発のみ可能なライセンスです。ライセンス購入時の段階で、製品化まで見えていない場合や、フィジビリティスタディの場合にお勧めです。

研究開発用プロジェクトライセンスのライセンス費用は、このあとご紹介する開発量産用プロジェクトライセンスの60%の価格です。

有償の保守契約に加入中の場合、開発量産用プロジェクトライセンスのライセンス費用の40%オフの価格でアップグレードが可能です。

開発量産用プロジェクトライセンス

開発量産用プロジェクトライセンスは、研究開発から量産販売までが可能な標準的なライセンスとなります。開発量産用プロジェクトライセンスの対象製品の範囲には、1種類の製品型番だけでなく、その製品ファミリ(派生機種)が含まれます。

有償の保守契約に加入中の場合、プラットフォームライセンスのライセンス費用との差額でアップグレードが可能です。

プラットフォームライセンス

プラットフォームライセンスは、プロジェクトライセンスの対象範囲を広げたライセンスです。プラットフォームライセンスの対象製品は、1種類の製品ファミリだけでなく、複数の製品ファミリが範囲となります。サイトライセンスではございません。

※弊社のライセンスはプロジェクトライセンスの形式を採っております。ご購入時に該当プロジェクトの名称をご登録頂く必要があり、その際、「計測機器」などの抽象的な名称ではなく、具体的な名称を頂戴しております。

お客様のご要望をお聞きした上で適切な範囲を設定させて頂きますので、先ずは、担当営業にご相談下さい。

ポイント
  • 研究開発用プロジェクトライセンス:製品化まで見えていない場合や、フィジビリティスタディの場合にお勧めなライセンス
  • 開発量産用プロジェクトライセンス:研究開発から量産販売までが可能な標準的なライセンス
  • プラットフォームライセンス   :1種類の製品ファミリだけでなく、複数の製品ファミリを範囲とするライセンス

ライセンスの詳細

  • ライセンス費用の金額・計算方法:ライセンス購入時の固定の一括払いのみでご使用いただけます
  • 開発人数制限 :無(ただし同プロジェクト内)
  • 提供形態 :ソースコード
  • 使用範囲 :定義されたプロジェクト内
  • 使用CPU :型番固定ではなくCPUシリーズ(例:STM32F4シリーズ)
  • μC3/ConfiguratorはCPUシリーズ毎に用意されています

ライセンスの価格などの詳細については、下記より製品ガイドをダウンロードしてご覧ください。

資料ダウンロード(無料)

保守について

製品定価には契約日の翌月1日から6ヶ月分の無償保守が含まれています。その後、有償で保守を継続することが可能です。

また、年間保守費用は製品定価の40%になります。

無償保守期間終了後、継続して有償保守サービスにご加入いただいた場合は、製品定価の20%になります。(ただし、初年度分の保守とライセンスをセットで購入された場合は、初年度分に限り製品定価の15%になります。)

*研究開発用プロジェクトライセンスの保守費用は開発量産用プロジェクトライセンスの定価の20%になります。

保守サービスには以下が含まれています。

  • メールによる技術サポート(1営業日以内に1次回答)
  • 製品の無償バージョンアップ

i.MX6UL(i.MX 6UltraLite)とμC3/Standardの導入事例

  • 医療機器メーカー製 生理検査機器
  • 電話機器、情報通信機器メーカー製 光学スキャナ